弥生賞の展望

今週は、中山競馬場で、 第60回・報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2)、 第18回・夕刊フジ賞オーシャンS(G3)が、 また、阪神競馬場では、第30回・チューリップ賞(G2)が行われる。 ここでは、弥生賞の展望を少し・・ まず、過去のデータで単勝人気別にみていくと、 単勝1、2番人気に推された馬達の…
コメント:0

続きを読むread more

中山記念の展望

今週は、中山競馬場で、第97回・中山記念(G2)が、 また、阪神競馬場では、第67回・阪急杯(G3)が行われる。 ここでは、中山記念の展望を少し・・ まず、過去のデータで、 単勝人気別でみていくと、 1番人気がそれほど突出して勝ってはいないが、 2~4番人気の複勝率は高く、 全体的には人気馬が活躍しているレース…
コメント:0

続きを読むread more

フェブラリーS(G1)の展望

今週は、東京競馬場で、第40回・フェブラリーS(G1)が行われる。 まず、過去のデータでみていくと、 前年のチャンピオンズCに出走した馬達の好走例が目立っており、 今年も該当する馬達をチェックしておきたい。 更に、所属別でみると、 関西馬の活躍が圧倒的に目立っている。 また、直近の重賞実績は不可欠で、…
コメント:0

続きを読むread more

京都記念(G2)の展望

今週は、東京競馬場で、第57回・共同通信杯(G3)、第58回・クイーンC(G3)が、 また、阪神競馬場では、第116回・京都記念(G2)が行われる。 ここでは、G2である、京都記念の展望を少し・・ まず、過去のデータで、 年齢別にみていくと、 過去の優勝馬のほとんどが4、5歳馬だけに、 今年の4、5歳馬にも注…
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞杯の重賞展望

今週は、東京競馬場で、第73回・東京新聞杯(G3)が、 中京競馬場では、第63回・きさらぎ賞(G3)が行われる。 ここでは、東京新聞杯の展望を少し・・ まず、過去のデータで年齢別でみていくと、 若い馬達が活躍しており、 7歳以上の高齢馬は、若干、割引きして考えたい。 また、前走の着順別成績でみていくと…
コメント:0

続きを読むread more

根岸ステークスの重賞展望

今週は、東京競馬場で、第37回・根岸ステークス(G3)が、 中京競馬場では、第28回・シルクロード S(G3)が行われる。 ここでは、根岸ステークスの展望を少し・・ まず、過去のデータで、前走の距離別でみていくと、 前走が1400M以上の馬達の優勢なデータが残っている。 また、近走での東京のダート実績は、不可欠と言えそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AJCCの重賞展望

今週は、中山競馬場で、第64回・AJCC(G2)が、 また、中京競馬場では、第40回・東海S(G2)が行われる。 ここでは、AJCCの展望を少し・・ まず、過去のデータで、年齢別にみていくと、 4歳馬は不振傾向にあり、逆に、高齢馬の馬達の活躍が目立っている。 また、前走のレース別にみていくと、 前走が、有馬記念、天皇勝・[春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経新春杯の重賞展望

今週は、 中山競馬場で、第63回・京成杯(G3)が、 一方、中京競馬場では、第70回・日経新春杯(G2)、第60回・愛知杯(G3)が行われる。 ここでは、G2である、日経新春杯の展望を少し・・ 今年の日経新春杯は、中京競馬場でおこなわれる為、若干の傾向に違いはあるが、 まず、過去の年齢別のデータでみていくと、 4歳馬を筆頭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンザン記念の重賞展望

今週は、中山競馬場で、第39回・フェアリーS(G3)が、 また、中京競馬場では、第57回・シンザン記念(G3)が行われる。 ここでは、シンザン記念の展望を少し・・ まず、過去のデータで前走の単勝人気別でみていくと、 前走で2番人気以内に推されていた馬達の活躍が目立っている。 また以前は、過去のレースで、 右回りで勝ちクラを挙げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山金杯の重賞展望

今週は、中山競馬場で、第72回・中山金杯(G3)が、 一方、中京競馬場では、第61回・京都金杯(G3)が行われる。 ここでは、中山金杯の展望を少し・・ まず、過去のデータで単勝人気別でみていくと、 上位人気馬が優勢なデータが残っている。 また、負担重量別にみていくと、ハンデの馬達の活躍が目立っている。 更に、枠順別にみていくと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホープフルSの重賞展望

今週は、中山競馬場で、第39回・ホープフルS(G1)が行われる。 まず、過去のデータで、前走の距離別にみていくと、前走で2000Mを使った組が優秀な成績を残っている。 更に、芝のレースでの勝利が必須条件となりそうだ。 また、人気サイドの決着が多いだけに、まずは、人気馬に注目して検討するのが、重要ポイントと言えそうだ。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有馬記念の重賞展望

今週は、中山競馬場で、第67回・有馬記念(G1)が行われる。 まず、過去のデータで年齢別にみていくと、 3歳馬が勝率、連対率、3着内率の全てでトップと注目しておきたい。 また、6歳以上の馬は成績が振るっておらず、高齢馬は割引が必要だ。 更に、穴馬の傾向としては、同年の中山の重賞実績がある馬達には、警戒が必要そうだ。 最後に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日杯フューチュリティSの重賞展望

今週は、阪神競馬場で、第74回・朝日杯フューチュリティS(G1)が行われる。 まず、過去のデータで、前走の距離別でみていくと、 前走がマイル戦だった馬達が優秀な成績を残している。 また、重賞での好走実績も不可欠となりそうだ。 更に、所属別にみると、若干だが、頭数の割りには、関東馬が健闘しているデータが残っている。 最後に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神ジュベナイルFの重賞展望

今週は、阪神競馬場で、第74回・阪神ジュベナイルF(G1)が行われる。 まず、過去の3着以内馬のほとんどが、過去のレースで4着以下に崩れた事がない馬だった。 今年も近走の成績をしっかりチェックしておきたい。 また、東京・中山に好走経験のある馬が優秀で、意外にも関東馬の活躍が目立っている。 更に、距離適性と重賞実績も必要不可欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンピオンズカップの重賞展望

今週は、中京競馬場で、第23回・チャンピオンズカップ(G1)が行われる。 まずは、過去の前走のレース別にみていくと、 前走が、「JBCクラシック」「マイルCS南部杯」「日本テレビ盃」などに出走した馬達が優秀な成績を挙げているだけに注目しておきたい。 ※ただ、JBCクラシックの優勝馬が苦戦している事だけは、付け加えておきたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more